2014-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.07.21 (Mon)

7月20日YBFボート編

皆さんこんにちは。








jaconomiです。









バンザーイ \(≧∇≦)/\(≧∇≦)/\(≧∇≦)/\(≧∇≦)/ キャァ♪

こりゃ言葉もありませんわ!

何がって?




そりゃあんた!釣りのブログなんだから釣りに行ける喜びですがな!




うほほほ~


ほんじつの同船者はヤ○ザの構成員I君!いや、マジケッサク!


おっと、あまりにストレート過ぎる↑表現ですか?

なら、これを読んでいる方はこの発言を2次元でのキャラクターと考えてください~。


まっjaconomiの同船者のモン○ン率の高さったら凄いですから気にしない気にしない。


タツー

こんなのなら……




あたしゃ~ね、やらないよ!

痛いもん!









さて約2月ぶりの淀川ですがどうなっているのでしょうか!
梅雨も終わりやがな!ってな状況ですね。

まあ、タックルは梅雨&曇天用にトップ2タックル

梅雨での濁り&夏のシェード用に2タックル

夏の沖目ハンプ&ブレイク、タテストに2タックル

ってな感じ

jaconomi的には3つ目の釣りが好きなのでこれがハマッってくれると一番楽しいのですがねえ。

その為にビッグスプーンともう1つ秘密兵器を用意してます。







さあ!出発です!!

とその前にいつものやついきますか!
水温は28,7度~30,5度
濁りは豊里大橋周辺はそれほど濁ってなかったのですが上流に行くにしたがって濁りが入ってました。
まあ、枚方大橋周辺でやや濁り
流れは毛馬肛門で一日70tほど…でも釣ってる感じではもっとあったような。
風は午前中は上流からちょびっと、午後から南西風、時折上流側から風が吹くと猛烈な雨


先日、とある橋の上から見えたナイスカバーを見に行きますが浅い…。

そばにあった夏の定番橋脚にルアーを落とし込むとすぐに反応です。

1

よく引きましたね。

52cmのナイスフィッシュ!


ただ、日焼けしたっかたので裸体…醜い身体をお見せして申し訳ありません…でっかい乳輪は消しておきますね。

プップップちょっとはみでてますやんwww

ただ、久しぶりに自分の裸体を見て驚愕!
馬場やん!ジャイアント馬場やん!腕ほっそ!

数年前の総合格闘家モドキな肉体はいずこへ…。


と、なんだかんだ書きましたが結局、夏の定番ですか…



jaconomiは橋脚を釣るの飽きてます…。でも、結局は

定・番・な・ん・で・す・よ・ね


変な事やるよりもね。




と言うことで○クザの構成員I君にやっとバスちゃんをお見せ出来たのでもういいです。

ヤク○の構成員I君になんとか初バスちゃんを釣ってもらいましょう!



橋脚の釣り方をレクチャーしながら釣ってもらいます。




でも、なかなか難しいようで上手くいきません…でも、諦めません勝つまでわ!






とここで流れの当たる島を見に何となく行くと…





チビバスちゃんが湧いています!



そこに2inクラスのワームをヤクザ○構成員I君に投げてもらうと…



チビ


これは流石にjaconomiもびっくりのバスちゃん!


いいんでしょうかね。



これが初バスちゃんで…






















いいそうです(笑)






もうね、jaconomiのティンポよりも小さい物…久しぶりに見ましたよ。

でも、嬉しいようでもう1匹もうちょっぴり大きいバスちゃんを釣ってましたwww












その後も橋脚ですね。


タイトに落とす…


これが意外に難しいようですね。


jaconomiのようにリザーバーの岩盤をラバージグやノーシンカーを落とすのが大好きなアングラーにとっては、橋脚なんてプーですわ。


でも、ラインスラックの操作がどうもチンプンカンプンの様。


色々話はしたのですがjaconomiには師匠お猿さんのボキャブラリーはないようです。

見て盗みな!ってほど釣れませんしね(苦笑)



でも、その後も橋脚でナイスフィッシュを見せれたので何か感じは伝わったかも…。



次回は目指せ20センチですね(笑)





お昼過ぎに突然の大雨、少し中断の後、jaconomiがナイスフィッシュを釣った場所に戻って粘るぞ!と頑張って到着するも空がゴロゴロ、雷ピカッ!っとなり撤収となり少し消化不良でしたね。


しかし、ゲリラ豪雨の雷は凄いスピードでやってくる。
勇気ある撤収です。

ただ、たんにビビリなjaconomi(笑)


秘密兵器のお話は次回にでも。









池脇千鶴31

淀川はやっぱりいい!
ありがとうございます!!
スポンサーサイト
05:46  |  ボート釣り編  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2014.07.16 (Wed)

死亡寸前

皆さんこんにちは。






jaconomiです。











ブログですが…







死んでますね。












釣りに行ってないのでネタはあるのですが書く気にもならんわwww



忙しい訳ではないのですが40歳にもなって親知らずが激しく痛みだし、25年ぶりくらいにちゃんと歯医者に通っています(過去は歯石取りに数回行った程度)

激しい痛みが身体を電光石火に走りぬけ、はみ出し者の赤い血がニュルニュルとビュルルルってな。

てか、通っている歯医者が親知らず手前の歯の神経取りに手間取って、オマケに私の経験したことがないほどの歯だとまで言わせたjaconomiの歯。
話にならないので歯医者チェンジ。

今まではデリヘルの娘をチェンジした事はあるが歯医者チェンジは処女。
正上位


今通っている歯医者は私と同年代の方ですが走り屋のようで、駐車場には速そうな車が置いてあります。
(車の運転は好きなjaconomiですが車種に興味0の為種類わからず)
スマイリー

顔はこの方に似ているとjaconomiの奥しゃんは申しております。


丁寧な対応をしてくれていますが腕はどうなんでしょう…。




あっ後、行っていた歯医者、今行きだした歯医者は歯科助手?受付?の女性共にデブ(笑)


繝・ヶ繝ャ繝吶Ν_convert_20140715162916

これでいうと140~160%あたりでしょうかね。無いけど(苦笑)






jaconomi的には嫌いではない、むしろ良い(爆)







と、ここでしばらくブログの放置プレーを楽しんでいたFVDさんが久々の更新。
まあ、貼り付け方わからないんでリンクにあるからそっちからどうぞ。


私もやる気のないブログ更新しましょう。





FVDさんがラパラネタ…





懐かしいね。







バスではシャッドラップとファットラップ、ラトリンファットラップやね。一時期殿堂入りさせましたがやっぱりの復帰でバリバリ現役。

一時期ハマッたスズキ釣りはカウントダウンとフローティングマグナムやね。スズキ釣り自体数年してないなあ。
海用タックルボックスはいずこへ~。




40代に入ったjaconomiですが二十歳前後の頃にバスブームが炸裂してメガバスやエバーグリーン、ラッキークラフトなんかのルアーが店頭に並ぶことなく消え去っていたおかしな時代がありましたね。

さらにさかのぼる事10年と少し…第1次バスブームがありました(?これが第1次だったかな~忘れた)

なので30年以上前にjaconomi次兄がバス釣りを友達と始め、次兄と友達、そしてjaconomiをjaconomi父が会社の車にテントとゴムボートを積んで兵庫県のとあるダムに連れて行ってくれたのがjaconomiにとって初めてのバス釣りでした。

初めて釣った魚は地元神崎川でのフナですが、そのダムで初めて釣ったのは次兄の友達のほっぺでした。

それに臆することも無く、そのダムで拾ったミノーのただ巻きでその後ろに付いてきた魚が始めて見たバス。
初めて釣ったバスは覚えていないのですがこのバスが強い印象にありますね。

目の前で回収寸前のミノーに一瞬くらいついて、あわせる事も出来ないjaconomiをファファ~とあざ笑うようにと去っていくバス…。

渋かったです。

それからですねハマッタのは。








30数年前の話は置いといて。

20年ほど前のブームの頃はルアーだけではなく書籍やビデオなどもたくさん発売されましたね~。

中にははあ?って内容のシークレット本wwwなんかもありましたね~(誰がアナタの朝ごはんに焼きタラコ食べる姿やペプシとコーラどっちが好きか興味あんねん!)
が色々購入した中で未だにフッと思ったように読んでしまう本やビデオがいくつかあるのですがね。

その中の一つがこれ

ラパラ

ラパラ解体新書

著書・楠ノ瀬直樹
    福原毅

題名にセンスを感じます。







jaconomiが本を出すなら

女体への恍惚感とチラリズムの限界点

もしくは

EDからの復帰願望

もしくは

オッパイという言葉が生まれた事に対しての感謝

もしくは

Gスポット開発秘話

もしくは

jaconomi童貞時代(今も昔も)

もしくは

ここか、ここがええんか

もしくは

自慰行為のサウンドトラック








あたりでしょうか(▼-▼*) エヘ♪


どうするんだこの空気





オマケにブームの前からずっと自分のペースを崩さずに1人の釣り人としてのスタンスはお見事の楠ノ瀬氏。
もう若い方は知らない人物でしょうね。
てか、今は何をされているのでしょうか…雑誌をほとんど読まなくなったjaconomiには消息不明。

最近、プロの一部の方がバスの持ち方やネットやハンドランディングでの取りこみのやり方について普及を頑張っていますがこの方はそんな時代に既にお話をしていたものです。

N字型のステンレス?の棒でエラから口にぶっ指す見た目は当時はマジかよと思ったりもしましたが良く考えられた事なんですね。


とそれほどお魚を愛している楠ノ瀬氏の本
ラパラへの愛が溢れています。

jaconomiはこの本を読んでも使うルアー自体はさほど増えませんでしたが人によっては影響を受けるのではないでしょうかね(まあ、読む前に結構使ったりしていたので)
釣りを始めた頃の試行錯誤はこの著者の体験に賛同することもあると思いますし、jaconomi自身フフッと笑ってしまった文章もありました。

1つ1つのルアーの使い方などを営業的文章にせず、自分の経験からの内容には納得です。
ただ、ラパラの中での話しなので文章中で大きな動きと書いてあるものでも他のメーカーの物と比べた場合はナチュラルな部類に入る物もあるのでご自分でルアーのチェックはしてくださいね。



バスだけではなく、スズキやトラウト系へのラパラの教科書としてまだまだ現役(廃盤になっているルアーあるかも)なんで、読んだ事のない方は一度読んでみてわ?
カラーバリエーションだけでも見応えありますよ~。






池脇千鶴32

あなたはずっと現役!
ありがとうございます!!
10:30  |  独り言  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(2)
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。